えむろぐ

MTGに関する記事を書いてます。

新スタンダード デッキ紹介 バントカンパニー

前述のトーナメントのデッキ解説をしたいと思います。

 

 

 

 

 

1位:バントカンパニー プレイヤー:Devin Koepke
3:《森/Forest》
1:《島/Island》
5:《平地/Plains》
3:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
2:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
25 lands
3:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
3:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
27 creatures

 

 

 

 

15 sideboard cards

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
8 other spells
3:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《否認/Negate》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《次元の激高/Planar Outburst》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》

 

 

 

f:id:emuraya:20160728203707p:plainf:id:emuraya:20160728203727p:plainf:id:emuraya:20160728203750p:plain

f:id:emuraya:20160728203956p:plainf:id:emuraya:20160728204021p:plainf:id:emuraya:20160728204049p:plain

前スタンダードの強力クリーチャーをそのままに。

 

 

 

f:id:emuraya:20160728204302p:plainf:id:emuraya:20160728204403p:plainf:id:emuraya:20160728204511j:plain

異界月のカードも採用されていますね。

 

 

 

f:id:emuraya:20160728204747p:plainf:id:emuraya:20160728204808p:plain

オリジンのPWはリストラされたようです。

 

 

 

新しいバントカンパニーはその殆どが3マナ以下のクリーチャーでありながら、

バウンスして良し・打ち消してよし・マナ拘束して良し・除去回避してよしのなんでもありのデッキとなりました。

f:id:emuraya:20160728203727p:plainf:id:emuraya:20160728204403p:plainf:id:emuraya:20160728204511j:plainf:id:emuraya:20160728204302p:plain

 

 

 

これだけの小賢しい特徴を持ちながら、高い打点を維持しています。

f:id:emuraya:20160728203750p:plainf:id:emuraya:20160728203956p:plainf:id:emuraya:20160728204021p:plain

 

 

 

マナカーブは3マナに偏り少々歪になった印象ですが、個々のカードバワーがそれをカバーします。何より集合した中隊ですね。

f:id:emuraya:20160728205900p:plain

 

 

このデッキの勢いは集合した中隊がスタンダード落ちするまで続きそうです。

早く落ちろ。