読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむろぐ

MTGに関する記事を書いてます。

カラデシュ 注目カードTOP5を振り返る

以前カラデシュの注目カードを書きました。

プロツアーも終わりカードの評価も定まってきたところで、以前の記事を振り返ってみたいと思います。

カラデシュ 個人的注目カードTOP5 - えむろぐ

 

 

5位 密輸人の回転翼機

f:id:emuraya:20160925200101p:plain

今スタンダードはこのカードを中心に回っている、と言っても過言では無いカードです。(回転翼機だけに)

軽いマナコストと搭乗1が圧倒的な使いやすさを誇ります。

特に搭乗は2でも良かったのでは?と一部でヘイトを集めるほど。

 

我ながらいいカードをチョイスしたものです。

 

 

 

4位 霊気池の驚異

f:id:emuraya:20160925200408p:plain

プロツアーの最多使用数を誇った霊気池デッキ、4ターン目からのウラモグは圧倒的な爆発力を誇ります。

プロツアーでは緑黒昂揚を駆逐し、結果的にコントロールを優勝に導いた影の功労者です。

このデッキ一時はコントロールの隆盛により姿を消しましたが、それにより緑黒昂揚が復活し、それにより霊基地デッキが・・・

今のメタは面白いです。

 

我ながらいいカードをチョイスしたものです。

 

 

 

3位 奔流の機械巨人

f:id:emuraya:20160916232431p:plain

プロツアーの活躍により機械巨人のTOP(値段)に躍り出たカードです。

まあ今は新緑の方が高いですけど。

コントロールデッキのフィニッシャーとして名を上げましたね。

 

我ながらいいカードをチョイスしたものです。

 

 

 

2位 ドビン・バーン

f:id:emuraya:20160925201301p:plain

プロツアーの活躍だけで見れば、カラデシュで最も成果を上げたプレインズウォーカーと言っても過言ではないでしょう。

白だったらギデオン使うよという声もありますが、その硬さとウザさは一考に値します。

 

我ながらいいカードをチョイスしたものです。

あ、-7能力はこのゲームに勝利する、とは書いていませんでした。

ごめんなさい。

【観戦記事】 決勝:八十岡 翔太(日本) vs. Carlos Romao(ブラジル)|マジック:ザ・ギャザリング

 

 

 

 

1位 ラスヌーのヘリオン

f:id:emuraya:20161115215413p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:emuraya:20161115215519p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            f:id:emuraya:20161115215609p:plain