えむろぐ

MTGに関する記事を書いてます。

霊気紛争 デッキ考察 黒緑アグロ

オープンシリーズにて結果を残した、新スタンダードの黒緑アグロを紹介します。

 

5:《森/Forest》
7:《沼/Swamp》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》

2:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
3:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
3:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》

2:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
3:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《闇の掌握/Grasp of Darkness》

 

 

 

 

 

f:id:emuraya:20170128181914p:plain

巻きつき蛇の効果を活かし、カウンターを乗せることに特化したデッキです。

 

 

f:id:emuraya:20170128182400p:plainf:id:emuraya:20170128182451p:plain

カウンターの乗せ要因です。

リシュカーって強かったんですね、完全に見逃していました。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:emuraya:20170128181821p:plain

カウンターと言えば歩行バリスタ。

 

 

f:id:emuraya:20170128191339p:plain

お値段も急上昇です。

発表当初は全然強くないと思われていましたね、私も弱いと思っていました。

 

今でもそう思っています。

 

マナレシオの低さは無視できないと思うですけどねー。

カウンター後乗せ前提の強さです。

 

 

 

 

 

 

f:id:emuraya:20170128192432p:plainf:id:emuraya:20170128192702p:plain

光袖会の収集者は面白い選択ですね。

エネルギーのサポートは道路の召使いと霊気拠点のみですが、素のスペックも高いため採用されているのでしょう。

 

 

f:id:emuraya:20170128193501p:plain

エネルギーが十分にある状態であればボブより強いです。

 

 

 

 

 

 

f:id:emuraya:20170128193552p:plain

霊気圏の収集艇も採用されていますね。

やはり単体でのカードパワーは高いようです。

 

あ、こいつもエネルギー補充要因でした。