えむろぐ

MTGに関する記事を書いてます。

ドミナリアカード紹介 ファイレクシア教典

 

 

長い間更新が滞っておりました・・・

 

 

 

 

 

f:id:emuraya:20180114194908p:plain

 

 

 

 

 

 

 

ドミナリアカード紹介です。

 

 

 jp_J02xnuLOLU

 

なんとも変わったカードデザインですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:emuraya:20180317225829p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カードイラストに使われているのは、かつてドミナリアを侵略したファイレクシア軍のシンボル苦痛の仮面(嘆きの仮面)です。

f:id:emuraya:20180317233219p:plain

こんなやつ。

 

 

 

 

f:id:emuraya:20180317231320j:plain

 

エキスパンションシンボルにも使われていましたね。

 

カードの効果についての話に移りましょう。

 

 

 

 

 

 

英雄譚という新メカニズムですが、公式から解説が出ています。

流出情報ですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

新メカニズム:英雄譚・カード

『ドミナリア』セットでは、新しい種類のエンチャント「英雄譚」が登場する。各英雄譚は、あなたのターンになるたびに過去の重要な出来事に関する物語を紡いでゆく。

 

 

* 英雄譚が戦場に出るに際し、それのコントローラーはそれの上に伝承カウンターを1個置く。あなたの戦闘前メイン・フェイズが始まる際(あなたのドロー・ステップの直後)にも、あなたがコントロールしている各英雄譚の上に伝承カウンターをそれぞれ1個置く。これらのいずれかにより英雄譚に伝承カウンターを置くことは、スタックを使わない。

* 英雄譚の文章欄の左側に書かれている各シンボルは章能力を表している。章能力は誘発型能力であり、英雄譚の上に伝承カウンターが置かれて英雄譚の上に置かれている伝承カウンターの個数がこの能力の章番号の数以上になったときに誘発する。章能力はスタックに置かれるので、対応することができる。

* すでに伝承カウンターが章番号の数以上置かれている英雄譚の上に伝承カウンターが置かれても、その章能力は誘発しない。たとえば、英雄譚の上に3個目の伝承カウンターが置かれると、IIIの章能力が誘発するが、IとIIが再び誘発することはない。

* 章能力が誘発した後は、スタック上にあるその章能力は、その英雄譚の上にカウンターが置かれたり取り除かれたり、またその英雄譚が戦場を離れたりしても、その影響を受けない。

* 複数の章能力が同時に誘発した場合、それらのコントローラーはそれらを望む順番でスタックに置く。それらの中に対象を取るものがある場合は、能力をスタックに置く時点で対象を選ぶ。これは、それらのどの能力の解決よりも先である。

* 英雄譚からカウンターが取り除かれた場合は、その後英雄譚が伝承カウンターを得たときに、該当する章能力が再び誘発することになる。伝承カウンターが取り除かれること自体によって、以前の章能力が再び誘発することはない。

* 英雄譚の上に置かれた伝承カウンターの数が、その英雄譚の最大の章番号の数(『ドミナリア』セットでは常に3)以上になって、その章能力がスタックを離れた(たとえば、それが解決されたり打ち消されたりした)なら、その英雄譚のコントローラーはその英雄譚を生け贄に捧げる。これは状況起因処理であり、スタックを-----

 

       「話が長い」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場に出た際にクリーチャーを一体+1/+1&アーティファクト化

次のターンの開始時にアーティファクトクリーチャー以外全部破壊。

さらに次のターン相手の墓地をすべて追放。

 

 

・・・という全体除去カードですね。

 

アーティファクトクリーチャーは破壊できないので、相手を選ぶカードとなってしまっています。

カラデシュの存在は非常に大きいと言えるでしょう。

 「奔流の機械巨人」の画像検索結果「歩行バリスタ」の画像検索結果

f:id:emuraya:20180318223830p:plain「飛行機械トークン」の画像検索結果

 

f:id:emuraya:20180318230143p:plain<よ落ちろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体除去を打った後で墓地を追放できるので、墓地から蘇るクリーチャーにも有効なのはいい点ですね。

 

「再燃するフェニックス」の画像検索結果「スカラベの神」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    f:id:emuraya:20180318234152p:plain

 

 

 

 

 

 

・・・という訳で、いまいち私には使い方がわかりませんねー。

全体除去効果は出した次のターンと言うのも使いにくさを増長させています。

 

 

 

 

少なくとも、コントロールデッキの全体除去としての使い道はなさそうかと。

強いて言えば、アーティファクトクリーチャーを使うミッドレンジに投入する形が一番使いやすいのではないかと思います。

 

 

 

 

 

以下サンプルデッキ

 

クリーチャー
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
2:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
3:《スカラベの神/The Scarab God》
2:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》

 

呪文
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《削剥/Abrade》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
1:《至高の意志/Supreme Will》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》
1:《大災厄/Doomfall》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》

3:《ファイレクシア教典》

 

 

土地
1:《島/Island》
2:《沼/Swamp》
2:《山/Mountain》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
3:《異臭の池/Fetid Pools》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
4:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》